ローソングリーンスムージーはまずい?健康と栄養の美味しい関係

スポンサーリンク
ローソングリーンスムージー まずい
この記事の所要時間: 53

あなたは、パン食の時に何を飲んでいますか?

我が家では基本はコーヒーか紅茶で、食事の際にはパンの次に用意するのは、飲物が多いですね。惣菜がついているパンが多いので、おかずを準備するよりも飲み物になってしまいます。栄養面から考えるとパンと飲み物では偏りが出てしまうので、本当はサラダも食べるべきところ、ついつい時間を惜しんで、抜いてしまうことが日常です。

そこで目についたのが、「グリーンスムージー」

サラダ以外で野菜を食べる方法として、自宅でジューサーを使って作る野菜ジュースという手もありますが、できるだけ準備と後片付けで時間を取られたくない方にはこういうドリンクを買うという手もありますね。

青汁と似た見かけとは違う、意外な?美味しさを紹介します。


– – – – – – – – – – – –
購入:2016年5月
お店:ローソン
値段:178円(税込)
– – – – – – – – – – – –

スポンサーリンク

11種類の野菜で考えられた栄養ドリンク

ローソングリーンスムージー 栄養

栄養成分表
エネルギー タンパク質 脂質 炭水化物 ナトリウム
80kcal 0.8g 0.2g 18.8g 48mg
※1本あたりの分析量

 
ローソングリーンスムージー 栄養

こだわりのポイント!
1本飲んでも気になるカロリーは80kcal。1食分の野菜118g*を使用(ケール、さつまいも、にんじん、小松菜、セロリ、パセリ、クレソン、キャベツ、ラディッシュ、ほうれん草、みつ葉)。3種の果実(キウイフルーツ、りんご、レモン)を加え、すっきりとした味わいに仕上げました。
*1日の推奨摂取量:厚生労働省「健康日本21」より
出典:グリーンスムージー外装表示より

1本200gで飲み物としてはそれなりの量はあります。これで、80kcal。普通にドレッシングをかけたサラダと砂糖入りのコーヒーを食事で摂ると、100キロカロリーは超えます。

それに比べれば、甘い飲み物と言ってもヘルシーでダイエットにも向いていますね。さらに、11種類もの野菜が入っています。

普通のサラダだとせいぜい3~4種類の野菜ですから、普段から食べない野菜と摂取できます。特に私の場合、11種類の中に敬遠している野菜も入っていますから、苦手な野菜も抵抗なく摂ることができるので、栄養にも気を配ることができます。

ほんとは、その野菜単体でも食べられないといけないのですが、恥ずかしながら食べれません。(笑)

ローソンスムージーCMの女の子は誰?職場で椅子ラインダンス
私としたことが、思いっきり釣りタイトルを付けてしまいました。まず最初に謝っておきます。ゴメンナサイ! 今やローソンCMの顔とも言っても...

まずそうだけど健康のため、、あれ?

ローソングリーンスムージー 美味しい

普通は、ストローを使って飲むので、中身を見ることはありませんが、今回はコップに注いでみました。

パッケージの写真通りの緑、いやそれ以上に深い、濃い緑で、さらにスムージーだけあって、コップに注ぐときには普通のドリンクと比べ、トロリとした感じがします。正直、パッと見せられて何が入っているかわからない状態だと飲む気持ちは湧いてこないですねぇ、口にする勇気が必要だ~。(笑)

野菜が入っていると知っても、今度は苦みを意識しますしね、これはまずいだろう・・・。いくら果実が入っていても、甘いという想像がつきにくいのは、私だけなのかな?

しかし、日本にはよいことわざがあります。

“良薬口に苦し”

この言葉が後押しとして、健康のために飲もうという気持ちになりました。一口目、ゴクリ。

あれ、甘い!おいしい!

果物の味がしっかりしている売り物だから、当たり前か(笑)

http://lawsonfan-blog.tokyo/drink/1528/
http://lawsonfan-blog.tokyo/drink/522/

ツイッターの感想


 
そう言えば、野菜と果物のドリンクによく入るバナナが入っていませんね。

大人気ですよね、自分が食わず嫌いしていることがよくわかります、反省!

まとめ

今回の評価
食感 見た目 コスパ
5 4 3 3

総合:4 ★★★★☆

推奨摂取量で、1食分の野菜を飲むことができるので。時間がない方や栄養の偏りがちの方にはおすすめの飲むサラダです。

ただ、1本178円は、パン以上の価格だと感じる人には値段が少々気になるところ。

毎日続けることができなくても、この1本と比較して、自分の食事の栄養はとれているのかをチェックするいい機会として、ダイエットにも活用してみては?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアありがとうございます!

フォローありがとうございます!


ABOUT - この記事を書いた人