ウチカフェフラッペの食べ方と口コミまとめ!アサイーが低カロリー

スポンサーリンク
ウチカフェフラッペ 口コミ
この記事の所要時間: 431

今年も夏がやってきましたね!自然と冷たいものに手が伸びちゃう季節です。

そしてこの時季に人気になるのが、ローソンウチカフェフラッペですよね^^

何を隠そう、私はまだ一度もこのウチカフェフラッペを食べたこともなければ、実物を見たこともないという・・・ですが!何年か前にCMを見たことがあって、口コミで聞くたびにどんどん気になっていた商品なのです。

もう知ってるよ!という人がほとんどだとは思うのですが、もしかしたら私のように(?)な人もいるかもしれないですよね。人それぞれな食べ方や女性としてはどうしても気になっちゃうカロリーなど、私が調べた情報を紹介したいと思います☆

目指せ!ウチカフェフラッペデビュー!!

スポンサーリンク

ウチカフェフラッペ 3つの新商品

調べてみると、6月14日に新商品が発売されたばかり!さっそく紹介します。

一足お先に発売されている4商品はこちらの記事で(*^^*)

ローソンフラッペ(2016)種類と美味しい食べ方!つか飲む派?自然解凍も
あれは何年前でしたっけ?今でも覚えている衝撃の出来事があります。   いつものようにローソンへ行き、何気に手にとった美味しそうなアイス。...

チョコレート 170g

ウチカフェフラッペ チョコレート

ローソン標準価格:280円(税込)
カロリー:247kcal

レンジで温めて食べごろになる感覚のフローズンドリンクです。フランス産チョコレート原料を使用することで、贅沢で濃厚なチョコレートの味わいを楽しめます。
出典:http://www.lawson.co.jp

もうこの写真の見た目からチョコレートの濃厚さが伝わってきませんか!?温めて食べごろになったチョコレート・・・口の中に広がる甘さを想像するだけで幸せな気分になります。

チョコレート部分には、フランス産チョコが30%も含まれているそうです♥

アサイーボウル 176g

ウチカフェフラッペ アサイーボウル

ローソン標準価格:360円(税込)
カロリー:171kcal

レンジで温めて食べごろになる感覚のフローズンドリンクです。アマゾンのフルーツ「アサイー」に穀物パフのグラノーラやフルーツをトッピングしました。
出典:http://www.lawson.co.jp

アサイーカフェなどでも知られるフルッタフルッタ社のアサイー原料を使用しているこちらの商品。アサイーは多くの栄養素を含み、抗酸化作用も高いので美味しいだけじゃなく、健康や美容に効果が・・・あるといいな(笑)

トッピングがたくさんあるのにカロリーが低いのも嬉しいですよね^^

カシスオレンジ 182g

ウチカフェフラッペ カシスオレンジ

ローソン標準価格:240円(税込)
カロリー:131kcal

レンジで温めて食べごろになる感覚のフローズンドリンクです。ブラッドオレンジ果汁とカシス果汁を使用し、輪切りのオレンジをトッピングしています。
出典:http://www.lawson.co.jp

存在感たっぷりの輪切りオレンジと、カシスの色合いが大人のオシャレを感じさせます。この3種類の中では値段もカロリーも一番低くなっています

ウチカフェフラッペの食べ方?飲み方?

ウチカフェフラッペの最大の特徴といえば、アイスなのにレンジで温めて食べるという新しい食べ方ですよね。家でも温め可能ですが、温めすぎに注意!という口コミをよく見かけるので、お店での温めをオススメします^^

カシスオレンジは温めてから少し置くと、甘さがちょうどいいという情報もありました!

また、ストローで飲むのかスプーンで食べるのかを選べるところも新しいですよね。

アサイーボウルはスプーンかなと思うのですが、チョコレートやカシスオレンジはどちらでも美味しそう☆その日その時の気分で食べ方を変えられるって新鮮!

ツイッターの感想

レンジでの加熱時間を調整して自分好みの食べ方を発見してる人、毎年の楽しみの1つとして新たな味に挑戦してみる人、そしてついにおいしすぎてキレちゃう人まで(笑)

ツイッターの口コミは新たな食べ方の発見や、食べたことのない味の感想が分かるのでとても参考になりますね^^

まとめ

今回は新発売の3種類をピックアップして紹介しましたが、どれも数量限定販売だそうです!急がなきゃ買えない可能性も・・・

この他にも定番商品のマンゴーやストロベリーチーズケーキなど、色々な種類があるのでこれからの暑さはウチカフェフラッペで乗り切りましょう!!

そして私と同じくウチカフェフラッペなんて未知の世界だっていう人は、一緒にウチカフェフラッペデビューしましょう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアありがとうございます!

フォローありがとうございます!


ABOUT - この記事を書いた人