コンビニチキンの原産国を比較〜国産と中国産は部位や種類で違う?

スポンサーリンク
チキン 胸肉 鶏肉 産地
この記事の所要時間: 352

コンビニに買い物に行ったら、店員さんの「チキン揚げたてで~す!」の声が!レジまで行って、ギリギリまで悩んで…買っちゃいましたね(^_^;)

ところで、コンビニのチキンって原産国とか書いてないけど、どこの鶏肉が使われているんでしょうか?

スーパーに買い物に行くと、国産しか買わないようにしてるけど、コンビニのチキンは分からないですよね!

そこで、コンビニのチキンの原産国について、調べて比較してみました。
 

スポンサーリンク

国産と中国産は部位や種類で違う?

チキン 鶏肉 レタス 骨付き

期限切れの鶏肉を使ったり、不衛生さが問題になった中国産の鶏肉。誰もが中国産を買いたくないと思った問題ではないでしょうか?

さすがに、あの衝撃的な映像を見たら、お金を出してまで食べたいとは思いませんよね(;_;)

だって、口に入るものですから。安全な食べ物を食べたいですよね(>_<)でも、売られているもの全てに原産国の表示があるわけではありません。

コンビニチキンの中で、中国産と書かれたチキンを見たことがありますか?私はありません。もし書いてあったら私は買いません。

でも、調べてみると、衝撃の事実が!!
チキンの部位や種類によっては、中国産も使われているようです!しかも、意外に多いことが分かりました(T-T)

ん~知っておきたい情報だけど、知るのも怖い気がしますね…。

チキンやからあげの関連記事

こちらの記事でも紹介しています☆
 

コンビニチキンの原産国の比較

コンビニによって、原産国が違うのか、部位や種類によっても違うのか、それぞれのコンビニのチキンについて比較してみましょう!

ローソン

黄金チキンは、鹿児島県産桜島鶏の胸肉を使用しているということで安心できますね(^^)/

からあげ君は箱に国産若鶏100%と書いてあります。100%という数字に安心感がありますね!ですが、一部はブラジル産も使われているようです。

その他の商品は、タイ製、中国製です。

セブンイレブン

揚げ鶏、塩からあげ、和風鶏からあげなどがありますが、ほとんどがタイ製、一部中国製でした。

ファミリーマート

ファミチキやチキンナゲットなどがありますが、主にタイ製、一部中国製でした。セブンイレブンと一緒ですね!

サークルKサンクス

チキンナゲットはタイ製やブラジル製、他のからあげ棒やフライドチキンは基本的に中国製でした。

ミニストップ

ジューシーチキンやからあげ串などがありますが、主に中国製、一部タイ製でした。
 

コンビニチキンの中で一番安全そうなのは?

ローソン からあげくん ニワトリ 肉出典:http://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1263471_1996.html

上記の比較した結果を踏まえると、ローソンが一番安心と言えそうですね(>_<)もっと国産が使われていると思っていましたが、ほぼ国産ってないんですね(^_^;)

意外に中国製が多いのが現状のようです。ですが、中国製=危険というわけでもないみたいですよ!

工場の立入検査を増やしたり、工場内にカメラを設置したり、国際的な監査機関に、第三者の視点で監査をしてもらったり、今まで以上に衛生管理に関しては徹底しているようです。
 

まとめ

結果としては、全部国産であってほしかった私ですが、コストの面からしても、そういうわけにはいかないんでしょうね(^_^;)

口に入るものは安心なものが一番ですから、見極めが必要です。でも、今は衛生管理の面で厳しい時代になってますよね!

なので、心配しすぎもよくないかもしれませんが、そこは、結果を踏まえて、自分の判断で食べていきたいですね(^_-)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアありがとうございます!

フォローありがとうございます!


ABOUT - この記事を書いた人
taomyio
1児のママやってます!食べること、甘いもの大好きです☆育児に家事に追われる毎日ですが、おいしいものを食べてると幸せ~な気分になりますよね(^-^) セブンイレブンやローソンのおいしい情報、お得な情報を皆様にお伝えできるように頑張りたいと思います☆ ぜひ、情報をたくさん見つけて生活に役立ててみてくださいね(^_-)